イベントカレンダー
家庭部門の取組応援
エコファミリー
環境家計簿、便利ツール
産業・業務部門の取組応援
エコ事業所
エコアクション21
省エネルギー推進会議
温室効果ガス排出量取引
運輸部門の取組応援
エコドライブ
エコカー
地域での取組応援
地球温暖化防止活動推進センター
推進員と市町村への活動支援
教育機関への活動支援
子どもエコクラブ
講師派遣
地球温暖化対策地域協議会
関係資料・情報等の紹介
福岡県地球温暖化対策実行計画
温室効果ガス排出量の状況
各種補助金について
省エネ住宅について
省エネ達人の取組
エコアドバイス
エコトンのエコ日記
データベース(統計・用語等)
よくある質問
その他関連情報等
リンク集
ふくおかのエネルギー ふくおか放射能・放射線情報サイト 光化学スモッグ情報 どこでもエコライフ(携帯電話からでもいつでもアクセス!)
福岡県地球温暖化防止活動推進センター指定団体
九州環境管理協会
rss1.0 rss2.0

福岡県 環境部 環境保全課

電話092-643-3356

FAX092-643-3357

メールでのお問い合わせはこちら

福岡県地球温暖化防止活動推進センター

電話092-674-2360

FAX092-674-2361

教えて!うちエコ診断士さん!照明

照明器具は、家庭で使う電気製品の消費電力の中で、冷蔵庫に次いで多く13.4%を占めています。現在使用している一般電球を電球形LEDランプへ交換すれば、約85%の省エネになります。また、シーリングライトもLEDタイプや省エネ型の蛍光灯に切り替えると大きな効果が期待できます

1製品アドバイス
 1. 照明製品の選び方
 2. 照明の効果的な使い方
2「うちエコ診断ソフト」活用例のご紹介
 1. 照明の対策
 2. 元をとれる?

1.製品アドバイス 選び方・効果的な使い方

製品アドバイス1 選び方 3つのポイント! 照明を買換える際のポイント!

1.一般電球や照明器具をLEDタイプに交換。 2.センサーと連動した照明器具を選ぶ。 3.多灯分散型の照明プランを選択。

※以下は、家庭の省エネ徹底ガイド、省エネ性能カタログ2015年夏版、2019年版(経済産業省 資源エネルギー庁)、省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」等を参考に一部加筆して作成しています。

1.今の照明をLEDに交換すると、消費電力が少なく寿命が長いので電気代がおトク。

一般電球からLEDランプへ交換するだけで、約85%の省エネになります。

               ※画像をクリックすると拡大してご覧頂けます

LEDランプは寿命が40,000時間と長いため、トータルコストで比較すると、省エネで長寿命のLEDランプが断然おトクになります。

                 ※画像をクリックすると拡大してご覧頂けます

2.センサーと連動した照明器具の使用も有効な選択肢のひとつ

明るさを検知して点灯・消灯するのが「照度センサー」、人を感知して点灯・消灯するのが「人感センサー」です。最近の人感センサーには、明るさ検知機能およびタイマー機能がほとんど付いています。どちらのセンサーも照明が必要なときだけ点灯し、消し忘れがないので便利で、無駄な電気を使わず省エネになります。

屋内用センサーライト例(LEDタイプ)製品イメージ

3.多灯分散方式の照明プランを選ぶ

うちエコ診断士の「ここがポイント!」一室に複数の照明器具を分散して配置する多灯分散照明方式は、適切な配置と使い方を検討することで省エネルギーを実現できます。

これまでは、一部屋にはメインとなるあかり一灯という「一室一灯照明方式」が長く採用されてきました。一見効率よく思えますが、ひとつの照明で部屋全体をまんべんなく照らすため、無駄も多くなります。
ワット数を抑えたいくつかの照明器具を分散させ、部屋の必要な箇所だけを照らす「多灯分散照明方式」を選択することにより、生活シーンに合わせて電球の色も含めた照明の組み合わせが楽しめ、雰囲気も変わるだけでなく、必要のない箇所の照明を抑えることで省エネになります。

家具の配置や日常的なリビングでの過ごし方を考慮しながら、ダウンライトやペンダントライト、場所によってはスポットライトを上手に組み合わせるようにしましょう。

生活シーン別の照明の使用例

製品アドバイス2 効果的な使い方 4つのポイント! 照明の使い方を見直すだけで 電力の無駄を省くことができます!

1.照明器具の掃除で明るさアップ。2.点灯時間を短くする。3.待機消費電力を削減する。4.調光機能付き照明器具は明るさを調節する。

※以下は、家庭の省エネ徹底ガイド、省エネ性能カタログ2015年夏版、2019年版(経済産業省 資源エネルギー庁)、省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」等を参考に一部加筆して作成しています。

 

1.照明器具の掃除で明るさアップ!

 
お掃除イメージ ランプや傘が汚れると、明るさは極端に低下します。特に、ダイニングキッチンなどの汚れやすい場所は、こまめに掃除をしましょう。

2.点灯時間を短くしましょう

 
ムダな灯りはこまめにスイッチOFF!
ムダな灯りは、こまめに消しましょう。
長時間部屋を空けるときは、消した方が経済的!蛍光ランプや一般電球は頻繁に点滅させると、ランプの寿命が縮むので注意しましょう。

3.待機消費電力を削減しましょう

うちエコ診断士の「ここがポイント!」照明の電力消費が多くなる原因 1.長時間使用されている 2.白熱電球が使用されている 3.必要性の低い場所で点けられている 4.蛍光灯であっても省エネ性能が低いタイプが使われている

リモコン機能(点灯、消光、調光など)を使用中は、約1Wの電気を消費しています。長時間使わないときは、リモコンではなく壁スイッチで電源を切る習慣をつけましょう。

4.調光機能付き照明器具は明るさを調節することで節電になります

調光機能のついた照明器具は、明るさを調節することによって、大きな省エネ効果を得ることができます。Hf 環形蛍光灯の場合、80%の明るさで約20%の節電、60%の明るさで約40%の節電ができるものもあります。
上手に調光機能を使って、省エネを実行しましょう。

製品選びや使い方のポイントを押えたところで診断ソフトを使って照明器具に関する診断を受けてみましょう!

2.「うちエコ診断ソフト」の活用例のご紹介

うちエコ診断イメージ

うちエコ診断ソフトを使い照明対策を検討した場合の活用例をご紹介します。

※ 「うちエコ診断ソフト」とは、環境省が作成した家庭向けの省エネ診断ツールです。
 詳しくはコチラをご覧ください。 うちエコ診断トップページ  >>

うちエコ診断ソフト活用例のご紹介1 照明の対策 どんなことがエコになる?

どんな事がエコになるのか、診断士さんに教えてもらおう!

照明の対策検討画面について

画面左側には1~3の照明対策のメニューが提案されています。
自分のライフスタイルに合った対策を検討します。

照明の対策検討画面
※画像をクリックすると拡大してご覧頂けます。
 

画面左側: 対策メニューの提案

・ 照明の対策メニューの提案 (1番~3番)
・ 縦軸: CO2削減効果
・ 横軸: 費用 (元がとれる?)

「負担」側に近い場合、出費金額が高い対策
「お得」側に近い場合、出費金額が低い、あるいは出費を伴わない対策

 

画面右側: 対策メニューの選択

・ 対策メニューから選んだ項目と、その関連情報

3の対策メニューの中から実現可能なものを選択します
画面の右側を見てみましょう

対策の選択

受診者はLEDタイプの照明への買換えを選択されました。気になる光熱費は年間で約1万9千円安くなることが分かり、前向きに検討することになりました。

うちエコ診断ソフト活用例のご紹介2 元をとれる? 試算してみましょう!

「元をとれる?」 をつかって有効なのかを試算しよう!

元をとれる? 画面について

「元をとれる?」という項目から、製品の買換えが有効なのかを試算することが出来ます。
LEDタイプの照明器具に買換えた場合、何年で元がとれるのか、どれだけ「お得」なのかグラフ形式で表示されます。

元をとれる?画面
※画像をクリックすると拡大してご覧頂けます。

「元をとれる?」の画面を詳しく見てみましょう

元をとれる?詳細画面
※画像をクリックすると拡大してご覧頂けます。

試算の結果、1年以内で元がとれ、LEDの寿命で計算すると合計で約34万4千円お得になり、年間では約1万8千円※お得になることが分かりました。この画面を印刷して受診者に渡し、ご家族で話し合って検討していただくことになりました。※343,700円/18.3年=18,185円

製品の買換えによる効果が大きいのはもちろんですが、製品の使い方次第でも効果が出ます。できるところから家族みんなで取り組んでいきましょう!!

 

教えて!うちエコ診断士さん! >>