イベントカレンダー
家庭部門の取組応援
エコファミリー
環境家計簿、便利ツール
ふくおか省エネ・節電県民運動
産業・業務部門の取組応援
エコ事業所
エコアクション21
省エネルギー推進会議
温室効果ガス排出量取引
運輸部門の取組応援
エコドライブ
エコカー
地域での取組応援
地球温暖化防止活動推進センター
推進員と市町村への活動支援
教育機関への活動支援
子どもエコクラブ
講師派遣
地球温暖化対策地域協議会
関係資料・情報等の紹介
福岡県地球温暖化対策実行計画
温室効果ガス排出量の状況
省エネ達人の取組
エコアドバイス
エコトンのエコ日記
データベース(統計・用語等)
よくある質問
その他関連情報等
リンク集
ふくおかのエネルギー ふくおか放射能・放射線情報サイト 光化学スモッグ情報 どこでもエコライフ(携帯電話からでもいつでもアクセス!)
福岡県地球温暖化防止活動推進センター指定団体
九州環境管理協会
rss1.0 rss2.0

福岡県 環境部 環境保全課

電話092-643-3356

FAX092-643-3357

メールでのお問い合わせはこちら

福岡県地球温暖化防止活動推進センター

電話092-674-2360

FAX092-674-2361

ねえねえ、エコ博士。エコトンの画像です
最近、「食品ロス」や「フードバンク」といった言葉を
ニュースなどでよく耳にするようになったね。
この問題についてもっとよく知りたいな。



エコ博士の画像です日本では、規格外品や返品、売れ残り、食べ残しなどで、
年間500万~800万トンの食品が捨てられているそうじゃ。
これは、世界全体の食料援助量よりも多く、
日本のコメ収穫量と同じくらいの量だそうだぞ。


 
国民1人あたりの量で考えると、1日にお茶碗1杯分ほどのびっくりしたエコトンの画像です
食品を毎日捨てていることになるんだって。
すごくもったいないトン!!
こうした食品ロスはどうして発生してしまうんだろう?


説明するエコ博士の画像です食品ロスの要因としては、
・輸送途中で箱が傷んでしまったもの
・季節商品の売れ残り
・賞味期限/消費期限切れ
・規格外品
・農家の人手不足(収穫する人がいない)
・余剰生産
などが挙げられるぞ。
また、食品流通業界の“3分の1ルール”という商習慣も問題視されておる。
賞味期限が6ヵ月の場合で説明すると、
賞味期限の3分の1である2ヶ月以内に小売店へ納品されなかったり、
売れ残って賞味期限まで2ヶ月を切ってしまったりすると、
まだ消費期限が残っているのに、その時点で大部分が廃棄されてしまうんじゃ。
この商習慣を変えていくためには、消費者であるワシらが
過剰に新しいものを求める“鮮度志向”を省みる必要があるだろう。
 ※3分の1ルールの参考HP:NPO法人全国もったいない市場

 
こういった食品ロスを防ぐため、エコトンの画像です
余った食品などを有効に活用しようという活動が
フードバンクだね!




 
説明するエコ博士の画像ですそのとおりじゃ。
フードバンクとは、安全に食べられるのに
過剰在庫や印字ミスといった理由で流通に出せない食品を
企業などに寄贈してもらって、
支援を必要としている施設や団体、困窮世帯に
提供する活動のことだね。
福岡県環境教育学会の、フードバンク福岡さんの視察に
同行させてもらえることになったぞ。

フードバンク福岡の事務所の写真です
(特定非営利活動法人フードバンク福岡 事務所)


わーい!ありがとうございます!エコトンの画像です
しっかり勉強するよ♪
フードバンク福岡さんでは
どういったところに
支援を行っているトン?


 

説明するエコ博士の画像ですフードバンク福岡さんでは、
企業や生活協同組合、個人などから提供したもらった食品を、
社会福祉協議会やこども食堂、ホームレス支援施設、
障がい者施設などに配布しているぞ。
実は、日本では子どもの貧困が問題となっているのは知っているか?

 
えっ!?そうなの!!?びっくりするエコトンの画像です
 
 



説明するエコ博士の画像です内閣府の平成26年度子供・若者白書によると、
経済協力開発機構(OECD)加盟国の中では、
日本の相対的貧困率は29位(ワースト6位)となっていて、
子どもの貧困率もOECDの平均を上回っているんじゃ。
フードバンクは、こうした子どもの貧困対策などの
福祉支援の側面や、食育としての側面もあるんだぞ。


 
食品ロス削減は、環境だけじゃなくて、エコトンの画像です
いろいろな分野の問題を同時解決する重要な課題だね!
フードバンク活動がもっと広がっていくといいな♪
そのためにはどんな課題があるのかな?


 


説明するエコ博士の画像ですたしかに、フードバンク活動は全国に広がりつつある。
2000年代はじめには日本に1団体しかなかったこの活動は、
現在では100団体を超えているそうじゃ。
しかしながら、この活動はボランティアの活動で支えられていて、継続的に活動していくことが難しい場合が多く、
また、食品を扱うには専門的な知識が必要になる
といった課題もあるんじゃ。


フードバンク福岡に寄贈された食品の写真です
<フードバンク福岡に寄贈された食品(お米)>




 
まずは、食品ロス問題・フードバンク活動について、
たくさんの人や企業に知ってもらうこと、考えてもらうことが重要だね。
僕たちにできることは何かな?
みんなで考えてみよう!

エコトンファミリーの画像です