イベントカレンダー
家庭部門の取組応援
エコファミリー
環境家計簿、便利ツール
産業・業務部門の取組応援
エコ事業所
エコアクション21
省エネルギー推進会議
温室効果ガス排出量取引
運輸部門の取組応援
エコドライブ
エコカー
地域での取組応援
地球温暖化防止活動推進センター
推進員と市町村への活動支援
教育機関への活動支援
子どもエコクラブ
講師派遣
地球温暖化対策地域協議会
関係資料・情報等の紹介
福岡県地球温暖化対策実行計画
温室効果ガス排出量の状況
各種補助金について
省エネ住宅について
省エネ達人の取組
エコアドバイス
エコトンのエコ日記
データベース(統計・用語等)
よくある質問
その他関連情報等
リンク集
ふくおかのエネルギー ふくおか放射能・放射線情報サイト 光化学スモッグ情報 どこでもエコライフ(携帯電話からでもいつでもアクセス!)
福岡県地球温暖化防止活動推進センター指定団体
九州環境管理協会
rss1.0 rss2.0

福岡県 環境部 環境保全課

電話092-643-3356

FAX092-643-3357

メールでのお問い合わせはこちら

福岡県地球温暖化防止活動推進センター

電話092-674-2360

FAX092-674-2361

15:京都議定書の目標達成状況は

・我が国は、京都議定書の第一約束期間(20082012年)の温室効果ガス排出量を京都議定書の規定による基準年(1990年)と比べて6%削減することを約束しました。また、その目標を達成するために森林吸収量(基準年比約3.8%)と京都メカニズムのクレジットを加味することが認められています。

・第一約束最終年に当たる2012年度の速報値が発表されました。これによると、温室効果ガス排出量は134100万トンで、前年度比で2.5%上回りましたが、これを含めた第一約束期間5カ年平均排出量は127900万トンで、基準年比で1.4%の増加となります。

・一方、森林吸収量については、2008年度から2011年度までの4カ年平均の実績は基準年比で約3.8%(4,758万トン)、京都メカニズムクレジットについては5カ年平均で、政府取得分は約2,000万トン、民間取得分は約5,500万トンとなっています。

・仮に森林吸収量の目標が達成され、また、京都メカニズムクレジットを加味すると、5カ年平均で基準年比8.2%減となり、京都議定書の目標(基準年比6%減)を達成する見込みであることが報告されています。

((独)国立環境研究所HPより抜粋、2014年5月現在) 

<我が国の温室効果ガス排出量と京都議定書の達成状況>

 

【戻る】

福岡県地球温暖化防止活動推進センター >>