イベントカレンダー
家庭部門の取組応援
エコファミリー
環境家計簿、便利ツール
ふくおか省エネ・節電県民運動
産業・業務部門の取組応援
エコ事業所
エコアクション21
省エネルギー推進会議
温室効果ガス排出量取引
運輸部門の取組応援
エコドライブ
エコカー
地域での取組応援
地球温暖化防止活動推進センター
推進員と市町村への活動支援
教育機関への活動支援
子どもエコクラブ
講師派遣
地球温暖化対策地域協議会
関係資料・情報等の紹介
福岡県地球温暖化対策実行計画
温室効果ガス排出量の状況
省エネ達人の取組
エコアドバイス
エコトンのエコ日記
データベース(統計・用語等)
よくある質問
その他関連情報等
リンク集
ふくおかのエネルギー ふくおか放射能・放射線情報サイト 光化学スモッグ情報 どこでもエコライフ(携帯電話からでもいつでもアクセス!)
福岡県地球温暖化防止活動推進センター指定団体
九州環境管理協会
rss1.0 rss2.0

福岡県 環境部 環境保全課

電話092-643-3356

FAX092-643-3357

メールでのお問い合わせはこちら

福岡県地球温暖化防止活動推進センター

電話092-674-2360

FAX092-674-2361

  

 平成22年4月から平成23年3月までの取組結果をご提出いただいた世帯の中から、取組結果が優秀な世帯を優秀賞として表彰しました。


1 表彰者の決定

 取組結果を提出いただいた世帯の中から、「世帯部門」を10世帯、「ステージ部門」を3世帯、「グループ部門」を4グループ、それぞれ以下のとおり決定しました。

※ 表中「第○ステージ」はそれぞれ次のとおり。各ファミリーはどのステージの記録に挑戦するか選択できます。
    第1ステージ・・・電気
    第2ステージ・・・電気、ガス、水道
    第3ステージ・・・電気、ガス、水道、ガソリン、軽油、灯油、可燃ゴミ

被表彰者

◎世帯部門 (総CO2排出量)

第3ステージ*に取り組む世帯のうち、
世帯人員(1、2、3,4、5以上)及び
住居形態(集合住宅、戸建住宅)
ごとに、二酸化炭素排出量が
最も少ない世帯

区分 氏名 市町村 CO2排出量(kg)
1人 戸建 いわした さえこ
岩下 さえ子
中間市 828
集合 まつもと けいこ
松本 圭子
福岡市 869
2人 戸建 つだ れいこ
津田 レイ子
北九州市 1,096
集合 ふじい さぶろう
藤井 三郎
北九州市 2,717
3人 戸建 にしみや ときえ
西宮 ときえ
福岡市 2,860
集合 たかた こうこ
高田 孝子 
福岡市 2,359
4人 戸建 おおたに みつお
大谷 光男
宗像市 2,242
集合 かわべ ゆうこ
川辺 優子
大野城市 3,014
5人以上 戸建 たにしま みちこ
谷嶋 ミチ子
大野城市 2,502
集合 ひらしま ゆうじ
平島 悠二
八女市 5,193

◎ステージ部門(削減率)

取り組むステージ*ごと(第1から
第3ステージ)に電気使用量に係る
二酸化炭素排出量の削減率が
最も大きい世帯

区分 氏名 市町村

削減率(%)

第1ステージ わさい なおひろ
和才 直廣
吉富町 60.4%
第2ステージ いけだ けんじ
池田 賢次
宗像市 24.1%
第3ステージ ほしの ふぢこ
星野 フヂ子
田川市 24.7%

◎グループ部門(提出世帯数)

地域や企業などのグループで
取り組む団体のうち、取組結
果の報告世帯数が多い
グループ

受賞グループ名

事務局
所在地

報告世帯数

けいちくちいきちきゅうおんだんかたいさくちいききょうぎかい
京築地域地球温暖化対策地域協議会

行橋市

279

はやまへるすけあ・しょうえねきょうわこく
葉山ヘルスケア・省エネ共和国

 宗像市

144

えふこーぷかけいぼさーくる 
エフコープ家計簿サークル

 篠栗町

41

やめしやくしょ
八女市役所

 八女市

36

 

2 表 彰 式

福岡県庁にて「エコファミリー」「エコ事業所」の合同表彰式を行いました。
 
 
(1) 日時 平成23年11月15日火曜日 10時半から
(2) 場所 福岡県庁10階 特9会議室
(福岡市博多区東公園7番7号)
(3) 出席者  
福岡県

エコファミリー
エコ事業所

えびい えつこ
海老井 悦子 副知事

9世帯、4グループ
3事業所

(4) 副 賞 エコ賞品(それぞれ、LEDエコランプ、充電式カイロ、県産材を利用した木製表彰状など)


3 平成22度年エコファミリーの取組結果

○平均二酸化炭素排出量(1世帯あたりの年間排出量)5,753kg   
○前年からの二酸化炭素排出量(1世帯あたりの年間平均削減率)+1.5%
 
平成22年度は酷暑・厳冬の影響か、平均CO2排出量は1.5%の増となりましたが、新規のエコファミリーも大幅に増えました。皆様におかれましては、引き続きエコライフへの取り組みをよろしくお願いします。