イベントカレンダー
家庭部門の取組応援
エコファミリー
環境家計簿、便利ツール
ふくおか省エネ・節電県民運動
産業・業務部門の取組応援
エコ事業所
エコアクション21
省エネルギー推進会議
温室効果ガス排出量取引
運輸部門の取組応援
エコドライブ
エコカー
地域での取組応援
地球温暖化防止活動推進センター
推進員と市町村への活動支援
教育機関への活動支援
子どもエコクラブ
講師派遣
地球温暖化対策地域協議会
関係資料・情報等の紹介
福岡県地球温暖化対策実行計画
温室効果ガス排出量の状況
省エネ達人の取組
エコアドバイス
エコトンのエコ日記
データベース(統計・用語等)
よくある質問
その他関連情報等
リンク集
ふくおかのエネルギー ふくおか放射能・放射線情報サイト 光化学スモッグ情報 どこでもエコライフ(携帯電話からでもいつでもアクセス!) 福岡県地球温暖化防止活動推進センター指定団体 九州環境管理協会
rss1.0 rss2.0

福岡県 環境部 環境保全課

電話092-643-3356

FAX092-643-3357

メールでのお問い合わせはこちら

福岡県地球温暖化防止活動推進センター

電話092-674-2360

FAX092-674-2361



部長!今日は環境にやさしい農業のウワサを仕入れてきましたよ。
その名も『ふくおかエコ農産物』!
なんでも、
福岡県内で生産され、化学合成農薬と化学肥料を通常、使う量の半分以下に減らして栽培された、環境にやさしい農産物なんだそうです。
う~ん。これは食べてみたい♪



エコ太郎くん、今日はエコ太郎君のために「ふくおかエコ農産物」を用意したよ!
しかも、福岡県で活躍する野菜ソムリエの永田さんに、さらに美味しく料理してもらったんだ♪


うわぁー♪それは楽しみです!はやく食べたい!!

永田先生よろしくお願いしますトン♪


 


私は大の移動好きで、乗り物に乗ったり歩きまわったり、知らない場所を「観る、聴く、匂いを嗅ぐ」行為を心から愛しています。そのくせ方向音痴で、旅行先で同じ道を何度も行ったり来たり。すっかり道を覚えるころには、「あそこの角の屋台がおいしい!」とか「あの路地にはあの店が!」など、ガイドブックに載っていない店を見つけては通いつめるという、コアな探索マニアです。

そう。私は、類い稀なる旅好きな野菜ソムリエなのです。

そんな私のお気に入りは、インドネシアのバリ島。十年前から通っている場所の一つです。

今回ご紹介する「アジアン風ワンプレート」は、バリ島で一般的に食べられている食事のスタイル「ナシチャンプル」を、「ふくおかエコ農産物アレンジ」で作ってみました。

とてもカラフルで、アジアの風を感じるプレートです。どうぞ召し上がれ♪


今回用意した食材

・ほうれん草・アスパラガス・トマト
・不知火・キウイ・米

 
◆その他の野菜など
・人参(福岡県産) ・ミニトマト(犀川マザーランド)・切り干し大根(犀川)
 ・菜種油(福岡県築上町 低温圧搾) ・ココナッツオイル(フィリピン産) ・ココナッツミルク(タイ産) ・白玉粉(国産) ・甜菜糖(北海道産) ・ターメリック ・岩塩 ・有機薄口醤油

エコ農産物の販売店はこちら↓で検索できます♪
ふくおかエコ農産物販売拡大協議会ホームページ
 
ふくおかエコ農産物 アジアン風ワンプレート≫

1 アスパラガスのターメリックライス
2 ほうれん草と豆腐のふわふわフライ 
3 ほうれん草のディップで食べるアスパラと人参
4 トマトと不知火の甘酸っぱいサラダ
5 アジアン風切り干し大根
6 ほうれん草の白玉団子ココナッツミルクソース



 
〈下ごしらえ~全メニュー共通~〉
◆まず下ごしらえから。ほうれん草、アスパラガス、人参をサッとゆでる。(同じ鍋のお湯)
1、鍋にたっぷりとお湯を沸かして、塩を一つまみと菜種油を小さじ1入れる。
2、アスパラガスを根の方から湯に入れて約1分ゆで、それから全体を入れ30秒、さっとゆでて取り出しておく。
3、次に、棒状に切った人参(約7センチ×7ミリ角)を約1分ゆでて取り出しておく。
4、次に、ほうれん草を根の方から約1分30秒ゆで、それから全体を入れ葉の部分をお湯の中で揺らしながら30秒ゆでて取り出して、さっと水切りしておく。(ぎゅうぎゅうに絞らない)

(1)アスパラガスのターメリックライス
〈材料(5~6人分)〉
米            2合
ターメリックパウダー   小さじ1
ココナッツミルク     小さじ1
ココナッツオイル     小さじ1
アスパラガス(細め)   2本~3本

〈作り方〉
1、といだ米と水(分量外)を炊飯器に入れて、通常の炊飯モードにセットする。
炊飯直前にターメリックパウダーとココナッツミルクとココナッツオイルを入れて全体にまんべんなく混ぜ合わせてスイッチを入れる。
2、アスパラガスは、5mm幅の輪切りにする。
3、盛り付ける直前に、(2)をターメリックライスにさっくりと混ぜ込む。
4、(3)を小さめボールに入れて形を整え、プレートに丸く盛り付ける。


美味しい知識♪
※ターメリックライスは、インドネシアでは「ナシクニン(黄色いご飯)」といい、お祝い事があるときによく食べられています。アスパラガスを加えて和風に。
◎ココナッツオイル・・・飽和脂肪酸の中に中鎖脂肪酸。腸内での消化酵素の助けを借りなくても速やかに吸収されて効率よくエネルギー代謝される油です。
◎ターメリック(うこん)・・・ポリフェノールの一種で胆汁分泌を促進します。肝機能を強化。(二日酔いに効果が期待されます)

 
(2) ほうれん草と豆腐のふわふわフライ
〈材料(2~3人分)〉
ほうれん草(ゆでたもの) 100g
絹ごし豆腐 150g
卵 2個
米粉 30g
塩 一つまみ
菜種油 適量
〈作り方〉
1、絹ごし豆腐はキッチンペーパーに包んでしっかりと水切りをする。
2、ほうれん草を2~3mm幅にざっくりと千切りにする。
3、ボウルに(1)を入れフォークなどでつぶして、卵を割り入れ、菜箸でざっくりと混ぜ合わせる。豆腐と卵がじゅうぶんになじんできたら、米粉を数回に分けて振り入れて更に混ぜ、塩を入れる。(ここで全体がまだゆるいと感じた場合は、米粉をカレースプーン1杯分ほど足してもOK)
4、フライパンに菜種油を底から2cmくらい入れる。油の温度160度になったら、(3)をカレースプーンなどですくって形を整え揚げる。全体がかたまりごく薄いきつね色になったら裏返し揚げる。(ほうれん草にすでに火が通っているので、卵がかたまったらOK。揚げ過ぎないように気を付ける。)フライパンから取り出したら、よく油をきっておく。




 







美味しい知識♪
◎ほうれん草は「緑黄色野菜の王様」。鉄分が多く、ビタミンCやカロテン、カルシウムも含まれています。カロテンは油と一緒に摂ると吸収がよくなります♪
◎豆腐は消化吸収がよく、良質な大豆たんぱく質と脂質を含んでいます。


(3)ほうれん草のディップで食べるアスパラガスと人参
・ほうれん草のディップ
〈材料(2人分)〉
ほうれん草(ゆでたもの) 100g
絹ごし豆腐 20g
ピーナッツ 10g
菜種油 小さじ2
薄口醤油 小さじ1
甜菜糖 小さじ1
〈作り方〉
1、ピーナッツをフードプロセッサーなどで粗めのパウダー状にする。
2、ほうれん草、豆腐、菜種油、薄口醤油、甜菜糖をすべてフードプロセッサーに入れてペースト状にしたら、(1)を加えてさっくりと混ぜ合わせて、器に入れる。
・アスパラガスと人参のさっと炒め
〈材料〉
アスパラガス(ゆでたもの) 太めのもの1本 細めのもの1本
人参(カットしてゆでたもの) 4~5本
菜種油 大さじ1
〈作り方〉
1、アスパラガスを、あらかじめカットしてある人参と同じ長さにカットする。
2、フライパンをじゅうぶんに熱し(中火)、アスパラガスと人参を入れる。どちらも火が通っているので、ざっと焼き目がついたらすぐに取り出す。ほうれん草のディップをつけて食べる。

 

 









美味しい知識♪
◆ほうれん草のディップは、インドネシアでよく食べられているピーナッツソースの和のアレンジ。
◎アスパラガス・・・春を告げる野菜のひとつ。アスパラギン酸は疲労回復に効果が期待され、血管を強くする作用のあるルチンは穂先に多く含まれています。
◎人参・・・カロテンは体内でビタミンAに変わり免疫力アップ、風邪の予防に効果が期待されます。また眼精疲労をやわらげるともいわれています。油と一緒に摂ると吸収がよくなりますよ!


(4)トマトと不知火の甘酸っぱいサラダ
〈材料(2人分)〉
トマト(桃太郎) 1個
不知火 1個
キウイ 1個
アスパラガス 細めのもの1本
グリンリーフ 1枚
寿司酢 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
〈作り方〉
1、不知火のあたまと底の部分をカットして、中身をくりぬいて、器を作る。
2、トマトはくし切り、不知火は5~7mmの輪切りにして身を切り離す、キウイは皮をむいて5~7mm幅の輪切りにして十字にカット、アスパラガスは1.5cmにカットする。
3、(2)をボールに入れ、寿司酢とオリーブオイルを入れて、全体をさっくりと混ぜ合わせて、(1)の器に盛り付ける。器の下にグリンリーフを敷く。


美味しい知識♪
トマト・・・赤い色のもとはリコピン、抗酸化作用があります。老化予防や美肌にも効果が期待されますよ。

◎不知火・・オレンジの仲間。ビタミンCを豊富に含んでいます。

◎キウイ・・・ビタミンCを豊富に含んでいて、ビタミンEとともに抗酸化作用があります。食物繊維も含まれるため整腸作用も期待できるんです。
 


(5)アジアン風切り干し大根
〈材料(2人分)〉
切り干し大根 30g
クルミ 10g
アーモンド 10g
ピーナッツ(砕く) 10g
ピーナッツ 10粒
塩 適量
黒胡椒 適量
菜種油 大さじ2
〈作り方〉
1、切り干し大根をよく洗ってから、水でもどしてから、よく水をきって、食べやすい大きさにカットする。
2、ピーナッツ10gをフードプロセッサーなどで粗めのパウダー状にする。
3、フライパンをよく熱し(中火)、菜種油を大さじ1ひく。そこへ、(1)を入れて炒める。切り干し大根に少し焼き目がついて火が通ってきたら、(2)を加えて全体によくなじませる。
4、(3)に、クルミ、アーモンド、ピーナッツ10粒を入れて、菜種油大さじ1を加え、さらに炒めてから、塩と黒胡椒を振り入れ、全体にからませて火を止める。










美味しい知識♪
◆乾物は「エコ食材の代表」です!
ドライなので、保存は密閉容器に入れ常温で保存できます。電気を使わず、長期保存もできる、究極のエコ食材なのです。

◎切り干し大根・・・干しているので、カルシウム、カリウム、食物繊維、ビタミンB1、B2が、生の大根よりも豊富。
◎ナッツ類・・・アーモンドはビタミンE(抗酸化作用)。クルミはオメガ3脂肪酸(動脈硬化を防ぎ、コレステロール値、中性脂肪値を下げる)、ポリフェノール(抗酸化作用)。
ピーナッツはオレイン酸・リノール酸(血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを下げ、動脈硬化などを予防する効果が期待されます)


(6)ほうれん草の白玉団子ココナッツミルクソース
〈材料(4~5人分)〉
・ほうれん草の白玉団子
ほうれん草(ゆでたもの) 60g
白玉粉 100g
絹ごし豆腐 100g
ココナッツミルク 大さじ1
・ココナッツミルクソース
ココナッツミルク 150ml
水 50ml
甜菜糖 大さじ1
〈作り方〉
1、まず、ココナッツミルクソースを作っておく。
鍋にココナッツミルクと水、甜菜糖を入れ、弱火で熱しながらよく混ぜる。小さな泡がプツプツ立ってきたら出来上がり。冷蔵庫でよく冷やしておく。
2、ほうれん草をフードプロセッサーなどでペースト状にする。
3、ボールに白玉粉と絹ごし豆腐、(1)を入れて混ぜ合わせる。全体が混ざったら、ココナッツミルクを加えて、さらに混ぜ手でこねる。もっちりとしてきたら生地の出来上がり。
4、鍋にお湯を沸かす。お湯が沸騰してきたら、(2)をミニトマトくらいの大きさに丸めてゆでる。最初は沈んでいるが、浮いてきたらできあがり。よく冷やした(1)の中に入れていく。すべて入れたら、冷蔵庫で冷ます。













美味しい知識♪
◎ココナッツミルクソースの甘いスイーツは、東南アジアではとてもポピュラーなもの。いろいろな種類があります。これはタイの屋台で食べたスイーツのアレンジ。