イベントカレンダー
家庭部門の取組応援
エコファミリー
環境家計簿、便利ツール
ふくおか省エネ・節電県民運動
産業・業務部門の取組応援
エコ事業所
エコアクション21
省エネルギー推進会議
温室効果ガス排出量取引
運輸部門の取組応援
エコドライブ
エコカー
地域での取組応援
地球温暖化防止活動推進センター
推進員と市町村への活動支援
教育機関への活動支援
子どもエコクラブ
講師派遣
地球温暖化対策地域協議会
関係資料・情報等の紹介
福岡県地球温暖化対策実行計画
温室効果ガス排出量の状況
省エネ達人の取組
エコアドバイス
エコトンのエコ日記
データベース(統計・用語等)
よくある質問
その他関連情報等
リンク集
ふくおかのエネルギー ふくおか放射能・放射線情報サイト 光化学スモッグ情報 どこでもエコライフ(携帯電話からでもいつでもアクセス!) 福岡県地球温暖化防止活動推進センター指定団体 九州環境管理協会
rss1.0 rss2.0

福岡県 環境部 環境保全課

電話092-643-3356

FAX092-643-3357

メールでのお問い合わせはこちら

福岡県地球温暖化防止活動推進センター

電話092-674-2360

FAX092-674-2361



 昭和36年創業、『より早く、より安く、より美しく』を信条に、土木工事・建築工事、上下水道工事、解体工事を行っています。この他に建築資材(真砂土)の販売もしています。
 平成26年7月には、ISO9001、ISO14001、OHSAS18001を取得し、品質・環境・労働安全衛生の観点から,、さらなるサービスの向上に努めています。
  • 所在地   福岡県行橋市稲童628 
  • 電話番号  0930-22-0777  FAX番号  0930-22-3130
  • メールアドレス  k-k.jp@bridge.ocn.ne.jp

 エアコンやコピー複合機を省エネタイプに変更するほか、照明をLEDに変更するなどにより、電気使用量を削減していることを評価しました。
  • 床面積あたり電気使用量の増減率  
    : ▲ 58.7% (平成26年度→平成27年度)
 


  1. ISO14001の取得と取組促進

     平成26年にISO14001を取得し、環境負荷の削減に努めるため、毎月実施する社員全員参加の工程会議で、ISOを取得した目的や意義、具体的な取組促進のための勉強会を実施しています。

     勉強会は、社内の取組にとどまらず協力会社にも参加を呼びかけ、外部講師を呼ぶなど、現場で実際に取り組むための工夫を凝らしています。
      ISOの取り組みについての協力業者勉強会の様子

     
  2. ISO9001,OHSAS18000の取得による相乗効果

     品質管理のマネジメントシステムISO9001と労働安全衛生のマネジメントシステムOHSAS18001を併せて取得したことが、環境負荷の低減につながっています。
     取り組んでみて実感したことですが、品質・環境・労働安全衛生は密接に関係しています。
     安全のために重機のアイドリングストップを徹底することは、ガソリンや排気ガスの削減につながり、現場事務所に作業者のためのお茶を用意することはペットボトルの削減につながります。職場の整理整頓、ゴミの分別回収を推進すると、環境負荷低減を考え実行する心の余裕が生まれます。
      


  3. 省エネ型エアコンへの更新 

     事務所のエアコンを壁掛け式のものから省エネタイプの天井埋め込み式のものに更新しています。更新にかかったイニシャルコストは、省エネ型複合機やLED照明への更新と合わせて2年で回収することができました。
     


  4. 省エネ型複合機への更新

     事務所の複合機を待機電力を大幅に削減した省エネタイプのものに更新しています。また、以前からの取組としてコピー用紙の裏紙利用も定着しています。 

     
  5. 高効率照明への更新

     事務所の照明器具をLED照明に更新しています。
     


     

  6. 工事看板への県産材の利用

     工事の際に現場に表示する工事看板。北翁では看板を設置するための枠を、福岡県産の木材を利用して製作しています。
     県産材を利用することで、地球温暖化対策のうちCO2の森林吸収源対策につながると考えています。


     


  7. 分別回収の徹底

     ベンダーが設置する回収容器ではなく、自社で分別容器を設置し、確実な分別が行えるようにしています。
     ゴミ箱の蓋を開けないと缶やペットボトルが捨てられないというひと手間が確実な分別につながります。
     



 当社が最優秀事業所を受賞し大変うれしく思っています。
 トップダウンから始まった環境負荷低減への取組でしたが、『取り組むことが当たり前』と思ってもらえるまで繰り返し勉強会等を実施してきたことや、従業員の皆さんが主体的に取り組むようになってくれたことが受賞につながったと考えています。
 品質や安全と同様に、環境もここまでで良いという終わりはありません。今後も、継続的な改善を促し、自社だけでなく協力業者の皆様も含めた活動としてまいります。